Close

Close
ものづくりライブラリー

小学生

ゲーム&アプリプログラミングコース

やってる方は当たり前に使ってるものでも、つくる側になって難しいことに気づいた。

私の成長

ゲームが好きで、プログラミングを始めたCちゃん。調べものや算数が得意になり、ロボットにも興味!

生活にいきる、LITALICOワンダーで学んだこと

普段から結構ゲームが好きで、いつもいろいろなゲームで遊んでいます。
LITALICOワンダーに入ってよかったと思うことは、学校でパソコンを使って資料を調べるときに、たくさん調べ物ができるようになったようになったことだと思います。
算数も前より得意になりました。数が増えていく規則性のことを習ったとき、頭の中に普段のプログラミングで使っている「~を◯ずつ変える」のブロックが浮かんできて、それを頭の中で使えたこともありました。

ストーリー性に工夫

「カブの菜園ゲーム」
ゲームの世界観をつくるために、普段なら「制限時間」としてつくる部分を「日没までの時間」と変えました。あと、カブができるだけだと面白くないかなと思ったので、時間が経つとカブがだんだん腐っていくところを工夫しました。昔菜園ゲームで遊んだことがあって、それはやってて面白かった。まだつくったことがなかったから、今回は簡単なものからつくってみました。

ストーリー性に工夫

2Dも3Dもロボットもやってみたい、夢はゲームクリエイタ―

ロボットのコースにも行ってみたい!今は画面の中の2Dのものをつくっていますが、現実の3Dのものもつくってみたいです。ゲームはテキストが全部終わってオリジナルをつくることになったとき、「いきなりオリジナル?」とちょっとびっくりしてしまったけど、ロボットはテキストなしで自由に作ることが多いから、オリジナルをつくる授業になっても驚かないと思います。

LITALICOワンダーに来てからゲームクリエイターになりたいと思うようになりました!RPGゲームとか、セーブ機能があるゲームをつくってみたいです。ゲームをやってる方は当たり前に使ってるセーブ機能だけど、作る側になってScratchのゲーム中にはついてないことに気づきました。LITALICOワンダーは、将来の職業へのカギかもしれないです!

保護者さまからのメッセージ

もともと集中力はある方だと思っていましたが、90分のコースは長いので、集中が途切れたり眠くなったりすることもあるかもと思っていました。けれど本人が最後まで集中して頑張っていたので驚きました。
また、本人が辞めたいと言ってくることもないので、これまでやっていた他の習い事より楽しいのだろうなと思います。

スタッフからのコメント

最初の頃はLITALICOワンダーのテキストをひとつひとつ丁寧にもくもくと取り組んでいたちゃん。5ヶ月ぐらいして自分の力でアニメーションをつくってきて見せてくれましたね。ストーリーのおもしろい作品だったことを覚えています。それからはCちゃんのアイディアと可愛らしい絵を活かして細部にこだわった作品を次々とつくれるようになりました。今後はぜひゲーム制作に限らずいろいろなことにチャレンジして、またユニークな作品をつくってくれることを楽しみにしています。

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

無料体験&資料請求
お申し込み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ