Close

Close
ものづくりライブラリー

LITALICOワンダーはゲームをつくるのを楽しむところ!

私の成長

ゲームをすることだけでなく、つくることも大好きになったKくん。オリジナルのシリーズゲームをどんどん開発しています!

ゲームするのは楽しい。同じくらい、つくる方も楽しい

ゲームのプレイ実況動画をYoutubeでたくさん見ていました。スマホのアドベンチャーゲームもしていました。ペーパークラフトもつくったりしていて、ものづくりが好きでした。
LITALICOワンダーでゲームをつくるようになって、ゲームをするのも面白いけど、それと同じくらいつくる方も面白いと思うようになった! LITALICOワンダーのゲーム&アプリ プログラミングコースは、ゲームをつくるのを楽しむところ!

脱出ゲームをシリーズ化

「初代脱出ゲームKゲーム」をつくりました。一つひとつの謎を楽しんでもらいたいので、一つ何かが起こると、それに連動して他の部分も何かが起こるようなつくりにしています。あと、ゲームに出てくるものは全部自分で描いています。
このKゲームはシリーズ化してつくっていて、他にも乱数を使ったプログラミングでつくった「キーボードクリックKゲーム」や「ジャンピングKゲーム」もつくっています。
Scratchで全部つながっているシリーズもののゲームをつくってみたいです。脱出ゲームの扉を開けたら別のScratchゲームにつながるとか。他にはゲーム内通貨をつくって、全部のゲームで共有できるようにしたい。パスワードもつけて。あと、RPGもつくってみたい。

脱出ゲームをシリーズ化

保護者さまからのメッセージ

LITALICOワンダーに通う前はゲームをする一方でした。プログラミングは親では教えられないですし、スタッフの方が楽しくサポートしてくれ、取り組める場になっていてありがたいですね。これまでは、私が「これやれば?」と他の習い事をすすめても「やだ」ということが多かったのですが、LITALICOワンダーは自分で選んで「行きたい」と言っていました。行ったらなかなか帰ってこないことがあるくらい集中して楽しんでいるようなので、こういうところが居場所としてあるのもありがたいと思っています。家ではパソコンをほとんど使わせていないので、どんなゲームをつくっているかあまり知らなかったのですが、LITALICOワンダーの作品は発表会(旧:Qremoフェス)のとき作品を知ってびっくりしました。大人にはない発想を持っているから、子どもたちは面白いゲームがつくれるのかなと思いました。

スタッフからのコメント

LITALICOワンダーが開設した当初から長く通ってくれているKくん。いつもテキストにはないオリジナルの作品をつくってくれます。
常にその時点の自分のレベルより少し上を目指す印象があり、Kくんは高い向上心を持ってどんどんレベルアップしています。
Kくんは、「これはできない」と感じたとき、プロジェクトを途中で壊せる判断力と勇気があります。そしてすぐ新しいものをつくり出していく制作姿勢は彼特有のものです。こだわりの強さは人一倍、これは彼の魅力であり個性です。
これからもそのこだわりを貫いてオリジナリティ溢れるゲームをつくってくれることを楽しみにしています。

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

無料体験&資料請求
お申し込み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ