Close

Close
ものづくりライブラリー

小学生

ロボットクリエイトコース

ちょっと難しいのに挑戦するのが楽しい!

私の成長

新しい環境に慣れることに不安があったCちゃん。ロボットづくりへの挑戦を通じて、新しいことや難しいことも楽しめるように。

自分でつくったロボットが動く!?

LITALICOワンダーに通う前、家では大きめのブロックで遊んでいました。ロボットには興味がなかったのであまり乗り気ではなかったけど、お母さんにすすめられたのでLITALICOワンダーに来ました。はじめは、知らない人ばかりで恥ずかしくて、嫌だったけど、慣れてくるとロボットをつくって動かすのがとても楽しくて「また来たいな!」と思うようになりました!

来たらきっと楽しくなるよ!

もしも、LITALICOワンダーに来るのが恥ずかしかったり、不安だったりする子がいたら「私もここに来る前は同じ気持ちだったけど、きっと楽しくなるから大丈夫だよ!」と言ってあげたい。LITALICOワンダーだとプログラミングで動かすことができるから、家でブロック遊びするよりも楽しいです!

つくり方を考えてつくるのは楽しい

テキストなしでつくったエレベーターが1番楽しかった!
今まではテキストがあったので、その通りにつくればうまくできたけどエレベーターはテキストがなくて、動画をみて自分でつくるので難しかったです。
初めは、動画を見ても動く仕組みがよくわからなかったけど、何度も動画を見て、色々やっているうちに方法を発見できました! ちょっと難しいのに挑戦するのが楽しかったです。
授業以外の夏休みのワークショップで、3Dプリンタを使ったものづくりに挑戦して犬やハートのフィギュアを作った。3Dプリンタは、粘土とは違って、iPadを使って形をどんどん改造(モデリング)できる自由なところが楽しい。今度は色をつけて猫をつくってみたい!

つくり方を考えてつくるのは楽しい

保護者さまからのメッセージ

LITALICOワンダーに通う前は、自宅でのブロック遊びもブロックをただ並べたり積み上げたりして楽しむだけだったのが、今はその仕組みを理解したり考えてつくる力がついたように感じます。また、LITALICOワンダーでは授業終了時に、子どもが自分でつくったロボットとその動く仕組みを説明するフィードバックの時間があるのですが、いつも誇らしそうに説明してくれますし、説明の仕方が上手になったように感じますね。このロボットの授業が、彼女の1番好きな習い事になっています。

スタッフからのコメント

入塾時はとても緊張した様子でしたが、ロボットの仕組みの説明やミッションを伝えるとすぐに理解し、スムーズに形にできるので、早い段階からチャレンジングなミッションを設定してきました。「ちょっと難しいかな?」とこちらが心配しても、目をキラキラさせて「やってみる!」と言っていました。挑戦や試行錯誤を楽しめる彼女自身の力をとても嬉しく思います。

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

無料体験&資料請求
お申し込み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ