Close

Close
コースガイド

ゲーム&アプリ
エキスパートコース

Game & Application Expert

対象年齢:小学3年生~高校生

つくりたいものを形にする!
納得いくまでこだわり抜ける、
万全のサポート体制

Unityを使ったスマートフォン向け3Dゲーム・VRゲームの製作や、
HTML/CSS/JavaScriptを使ったWeb制作をします。
プログラミングの基礎を身につけたお子さんが、
より応用的・発展的なものづくりを目指すコースです。
プロのクリエイターから直接フィードバックがあるなど、
高みを目指すお子さんへの刺激的なサポート体制が充実。

こんな子にオススメ!

  • 013Dゲームや
    VRゲームをつくりたい!
  • 02自分のホームページを
    つくりたい!
  • 03Scratchや
    ロボットプログラミングが好き!
  • 04テキストコーディングに
    挑戦してみたい!

主な使用ツール

LITALICOワンダーで使用する教材の一部を紹介します。子どもの興味や習熟度に合わせて、教材をアレンジして使用します。
Scratchのようなビジュアルプログラミングではなく、キーボードのタイピングによる英語でのテキストコーディングを中心に取り組みます。
プログラミング経験は必須ではありませんが、タイピングなどのパソコン操作に慣れているお子さんにおすすめです。

Unity(C#)
Unity(C#)

2D/3Dゲームエンジンです。プログラミング言語C♯でゲームを制作し、VRやスマートフォンアプリ開発までを行います。 Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。

HTML / CSS
HTML / CSS

Webページを作成するための言語です。Webサイトの構造を理解し、企画・デザインにおける設計から実装までを行います。

JavaScript
JavaScript

Webブラウザ上で動く、Webページやアプリの開発ができるプログラミング言語です。コーディングの基礎・応用を学びます。

ケース

LITALICOワンダーのプログラミングの授業には決まったカリキュラムはありません。子どものプログラミングへの興味や習熟度に合わせて設計しています。本コース専用の研修を受けたスタッフが、お子さんのをつくりたい!という気持ちを全力でサポートします。

CASE01ゲーム大好き
Aくんの場合

Unityで
ゲーム制作!

独学で学んだC#
(プログラミング言語)を元に
ゲーム制作スタート

ゲームのアイデアが湧いてくる!

自分のゲームで
誰かが喜んでくれる

ワンダーで出会った
仲間からの感想が制作の励みに!

より深く学びたくて専門学校へ入学!

将来はゲームの
仕事がしたい!

引き続き複雑な
プログラミングへ挑戦

CASE02動画大好き
Bくんの場合

Scratchから
Unityに移行!

つくりたいものを構想し
アイデア出しするところから
ゲーム制作スタート

自分がつくりたいものを第一にアイデア出し。技術は後から学べばok!

世界観を表現するため
難しいツールにも挑戦!

3Dモデリング、テクスチャの
表現にもこだわりが。

バグ修正も念入りに!

作品をPVにまとめ
発表会でプレゼン!

大勢の人の前で、
制作秘話を堂々披露!

ゲーム&アプリエキスパートコースの特長

プロも使うツール
プロも使うツール

Unity(C#)を使ったスマートフォン向けゲーム制作や、HTML/CSS/JavaScriptを使ったWeb制作をします。ユーザー視点を意識した、オリジナリティのある作品づくりを目指します。

プロからのフィードバック
プロからのフィードバック

第一線で活躍しているプロのクリエイターから直接フィードバックがもらえる機会が半年に一度あります。

コース専任のスタッフ
コース専任のスタッフ

本コース専任の研修を受けたスタッフたちが、お子さんのものづくりをサポートします。

作品事例

作品名:ロストロ・ラエス(中学2年生)
作品名:ロストロ・ラエス(中学2年生)

架空の街を探索する3Dゲーム。
舞台となる街の世界観を構築するところからはじめ、
光や重力などリアリティの再現にこだわった作品です。
「どんな景色があったら面白いか」というつくりたいものをベースに構想を重ね、
足りない技術は学びながら制作しました。

使用ツール:Unityなど

作品名:バナカ二合戦(小学4年生)
作品名:Quretors(情報キュレーションWEBアプリ)(中学2年生)

Qureet※と呼ばれる「その人の興味に合わせた写真や記事などの情報を投稿できるソーシャルネットワーキングサービス」をアイデア段階から制作。
HTMLやCSSの知識を活かしてページをデザインし、公開に向けて、投稿機能やブログ機能などの動的サービスの包括的な開発を進めています!
※お子さん独自で考案した概念

使用ツール:CSS / HTML / Ruby on Rails

※Ruby on Railsは現在カリキュラムで取り扱いしていません。

事例・作品紹介はこちら

他のコースを見る

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

Webフォームはこちら

無料体験・資料請求のお申込み

体験に関するお問い合わせ

0120-990-080

平日12:00〜19:00 土曜11:00〜19:00
※木曜日・日曜日・祝日 休み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ