Close

Close
イベント&トピックス

【開催レポート】オートデスク社とのコラボ!3DCG制作をプロと体験!イベント

【開催レポート】オートデスク社とのコラボ!3DCG制作をプロと体験!

夏の特別講習『サマーラボ2018』の目玉コンテンツをレポートします!

8月 ​、​オートデスク株式会社​にて、夏の特別講習『サマーラボ2018』の目玉コンテンツ「​【2DAYS】3D CG/3D CADチャレンジコース」​が開催されました!

プロも使用するオートデスク社の3D CADツール「Autodesk Fusion 360」や3D CG「Autodesk Maya」に触れ、よりリアルなCG画像の制作や、3Dアニメーションの制作に挑戦。また、実際のCGクリエイターの方を招いての講話や、オートデスク社の社内見学ツアーなども実施し、盛りだくさんのイベントとなりました!今回は、大いに盛り上がったワークショップ2日間の様子をご紹介します。

1日目:「Autodesk Fusion 360」でCG画像制作に挑戦!

1日目:「Autodesk Fusion 360」でCG画像制作に挑戦!

初日は3D CADツールの​「Tinkercad」や「Fusion 360」を使い、それぞれキャラクターを制作。その後レンダリングとよばれるリアルなCG画像制作に挑戦しました。

はじめにキャラクターを自由にモデリングした後、背景画像やパーツの素材などを自分で選び、それぞれ素敵な世界をつくります。自由なテーマでつくるため、ひとつとして同じ作品はありません。子どもたち同士で作品を見せあって盛り上がるなど、初対面とは思えない賑やかな雰囲気の中で制作が進みます。

1日目:Autodesk Fusion 360の活用事例紹介・実演!

1日目:Autodesk Fusion 360の活用事例紹介・実演!

1日目には3Dモデリング/CGツールの歴史や、私たちの日常生活の中のどこにCGが潜んでいるかというお話をオートデスク社員の塩澤さんからいただきました。プロのクリエイターたちが使うツールをこの2日間で3種類も使えるようになると聞き、子どもたちの興味が掻き立てられます。

また、Fusion 360エヴァンジェリストの藤村さんによるCGやFusion 360の活用事例など、今日学んだことがこれからの社会にどのように活用されているのかを見せていただきました。実際に仕事でつくったモデルや藤村さんのデモを見て、子どもたちのわくわくはMAX!

1日目:​オートデスクオフィスツアー

1日目:​オートデスクオフィスツアー

講演のあとはオートデスク社のオフィスを見学させていただきました。普段見ることのできない綺麗なオフィスに子どもたちも興味津々!
参加後の子どもたちへのアンケートでも「話を聞いて、新たな世界が広がった」「プロがつくったものを説明つきで見られて、とても勉強になった」などの声があがりました。

オートデスク株式会社 (https://www.autodesk.co.jp/)
オートデスク株式会社は、3D 技術を使ったデザイン・設計、エンジニアリング、エンターテインメント向けソフトウェアのリーディング企業です。1982 年に AutoCAD を発売して以来、さまざまな 3D ソフトウェアを世界に提供しています。
製造、建築、土木インフラ、CG/映像などの分野の設計者やデザイナーは、新しい作品や物を実際に作る前に、そのアイデアをコンピューターでデザイン・設計、可視化、シミュレーションします。オートデスクのソフトウェアはこうした用途で利用されています。ヒット映画の視覚効果、エネルギーを自ら作るビル、電気自動車、発電もする電池など、私たちの身の回りにある多くのものはオートデスクの 3D ソフトが利用されています。
また、オートデスク社のデザイン テクノロジーはモバイル端末でも利用できます。デザイナーやクリエイターだけでなく、学生や一般の方々も、アイデアを形にして世界の人たちとシェアできるのです。

2日目:「Autodesk Maya」で3Dアニメーション制作!

2日目:「Autodesk Maya」で3Dアニメーション制作!

2日目は1日目に作成したキャラクターを使い、3Dアニメーションソフトの「Maya」を用いてキャラクターに動きをつけていくアニメーション制作に挑戦しました。

「Maya」の機能を使い、弾んだり空間を漂ったりといういろいろな動きを、試行錯誤しながら制作していきます。それぞれのオリジナリティ溢れるキャラクターに合った動きを考え、個性豊かな作品が完成!

2日目:プロの3DCGクリエイターによる制作デモ&メイキング!

2日目:プロの3DCGクリエイターによる制作デモ&メイキング!

2日目は、株式会社デジタル・メディア・ラボで3DCGアニメーションやゲームのアニメーション(動き)をつくるお仕事をされている森脇さんと小林さんによる制作デモを見せていただきました。ゲームに使われるパンチの動きを鮮やかにつくり上げる森脇さんのデモに、子どもたちは尊敬の眼差しを向けていました。

後半は3DCGアニメーション「やさいのようせい」のメイキング映像を見せていただきました。普段見ている作品がどのようにつくられているかを見ることができる貴重な機会に、子どもたちの目も輝きます。その後は森脇さんや小林さんに自発的に質問に向かったり、作品について語りあったりと、普段なかなか話すことのできないプロクリエイターと積極的に交流しようとする姿もみられました!

株式会社デジタル・メディア・ラボ (http://www.dml.co.jp/)
株式会社デジタル・メディア・ラボはゲーム、アミューズメント、展示イベント、CM、映画等、幅広いジャンルでCG映像コンテンツの制作を行っています。
企画制作、デザインワークも含めた総合的な映像制作を行うプロダクションスタジオとなっており、1995年の設立以来、最新の映像テクノロジーと強力な企画力で良質なコンテンツを提供しています。

【主な事業内容】
● デジタル映像:CM、ゲームムービー、TV番組、イベント、展示、VP等
● プログラム開発:CG制作支援ツール VRシステム等
● ウェブコンテンツ:ページ、デザイン等に関する企画、制作
● モーションキャプチャー:データ撮影、加工サービス

まとめ

まとめ

今回は2日間に渡り、3DCGのハイレベルな制作体験をしてもらいました。参加した子どもたちからは、「学校などでは経験できない体験でとても楽しかった」「専門的なことが分かって良かった」などの感想があがりました。
慣れないツール操作に試行錯誤しながらも、完成した作品はどれも個性に溢れ、みんなでコメントをしたり発表し合ったりと終始楽しい空気で制作していたのが印象的でした。

プロも使う制作ツールに触れたり、実際にプロの現場を見学・クリエイターと交流できたりと子どもたちにとっても新鮮な体験になったのではないでしょうか。

さいごに

さいごに

IT×ものづくり教室LITALICOワンダーでは、授業を通して技術力を向上させることはもちろん、身につけた技術がどんな世界に繋がるのか、その先にどんなわくわくした未来が待っているのかを想像することも大切にして欲しいと考えています。学んだことが未来に繋がる、そんなことに気づける2日間になればと思い、今回このワークショップを開催いたしました。

LITALICOワンダーでは、今後もよりお子さんの未来の「やりたい」に繋がるようなワークショップを数多く開催していきます!
ご参加いただいた皆様、ご協力いただきました企業様、この度は誠にありがとうございました。

過去開催

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

Webフォームはこちら

無料体験・資料請求のお申込み

お電話はこちら

0120-990-080

平日12:00〜19:00 土曜11:00〜19:00
※木曜日・日曜日・祝日 休み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ