Close

Close
よくあるご質問

ロボット製作のはじめ方について

  • 子どもがロボットのプログラミングをやりたいそうなのですが、何から始めるのがいいでしょうか?
    マウス操作だけで簡単にプログラミングのできるものから始めることをお勧めしています。

    レゴ®エデュケーションWeDoやマインドストーム®EV3のような、マウス操作だけで簡単にプログラミングのできるものから始めることをお勧めします。設定していただければ、Scratchでも、レゴ®エデュケーションWeDoのロボットを動かすことが可能です。お子さんの発達段階や興味に合わせて、一番楽しめるツールを探してみてください。

  • 子どもがロボットを作りたいそうなのですが、何を用意すればいいのでしょうか?
    お子さんの作りたいロボットのイメージによって、段ボール、プラスチック板、発泡スチロール、はんだ等、必要な素材は異なります。

    インターネット上の動画サイトで、段ボールなどを用いてロボットを作っている動画がアップされていることも多いので、参考に見てもらえるとイメージが湧きやすいです。動画などを参考に、仕組みさえ作ることができれば、モーターを使っていなくても、カラクリの玩具のようなものを作ることが可能です。また、お子さんの発達段階によっては、ホームセンターなどでモーターや歯車を買って、ゼロから作り上げることもできます。

  • ロボット教室に通い始める適齢はありますか?
    子どもが興味・関心を持ったその時が楽しみながらロボットを学ぶことができるベストなタイミングです。

    興味を持ったその時が、始めるベストなタイミングです。できる・できないではなく、楽しんで学べることが何より必要な素質になります。興味を持ったタイミングで、早すぎる/遅すぎるということはありません。小さなお子さんも、大人になってからでも、ロボット作りは楽しみながら学ぶことができます。
    ※LITALICOワンダーでは、1コマ90分授業であることや、小さなブロックを扱うことなどから、推奨年齢を年長(5~6歳)以上とさせていただいています。

  • 自分でプログラミングしてロボットを動かすのって、どれくらいでできるものですか?
    簡単なものはマウス操作のみでプログラミングすることが可能なので、はじめて触ったその日からロボットを動かすことができます。

    使用するソフトにもよりますが、マウス操作だけでプログラミングが可能なものもあるので、初めて触ったその日から、自分のプログラムでロボットを動かすことができます。モーターを回すだけなどの簡単なプログラミングから始めて、動かす楽しさを覚えることで、徐々に複雑な動きにも挑戦していけるようになります。

  • 子どもがロボットを手作りしたいと言っています。小学生でもロボットってつくれるの?
    小さな子どもでも、ロボットを作ることが可能です。

    たとえば、ブロックのみで作ったオリジナルの飛行機を紐で吊るし、その紐とモーターを結ぶだけでも、立派なロボットの完成です。ブロックを使用して作れるので、作り直しや改造がしやすく、手軽に実験や挑戦を重ねながらロボットを作り上げていくことができます。

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

無料体験&資料請求
お申し込み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ