Close

Close
ものづくりライブラリー
そのひとりのストーリー
野口英世みたいな科学者になりたい。絶対ニューデリーの世界大会に行きたい。
02

ロボットで
今度こそ世界へ

黒坂知世ちゃん /
片岡嗣葉くん

PROFILE

黒坂知世(くろさか ともよ)ちゃん(左)

ロボットテクニカルコース
LITALICOワンダー 渋谷

「習いごとの塾や合気道も好きだけど、LITALICOワンダーが一番好き」。習いごとがない日は古本屋に行って本を探すのがマイブーム。

片岡嗣葉(かたおか つぐは)くん(右)

ロボットテクニカルコース
LITALICOワンダー 渋谷

ブロック遊びと電車が好き。LITALICOワンダーのほか、サッカー、ピアノまで、習いごとに忙しい毎日。最近一人でもLITALICOワンダーに通えるように。

ロボットテクニカルコースに、普段は違う時間帯で通う二人がいつしかコンビに。
この夏で二度目の共同作品制作にチャレンジ!

頭脳派×行動派
ロボット作りのユニット誕生

楽しそうだったからママに連れてきてもらった。パンフレットを見て行きたいと思った。

「分解するの好きなんだよね。基盤もねじも集めて袋に入れて取っとくの。分解したらプラスチックごみにも出せるしね」。2年前壊れた時計を初めて分解して、その構造にワクワクした。大人顔負けの理知的でしっかりした口調の知世ちゃんは、小学6年生。ドライバーひとつで、壊れたDVDレコーダー、PC、プリンター…中身が気になるものは何でも分解してみた。そんな時、ママが持ってきたパンフレットを見て「ロボット作り」に興味を持ち、LITALICOワンダーに通うことに。

底なしの好奇心とずば抜けた集中力の持ち主、嗣葉(つぐは)くん。その集中力で、ブロック作りなら大作を2、3日かけて黙々と作り続けた。これを将来何かの役に立てることができたら…それがパパとママの願いだった。電車が大好きで、紙に自分だけの線路を描くのが好き。LITALICOワンダーへ通いはじめの頃は、授業中窓の外を走る電車を教室からずっと見ていたという。

頭脳派の知世ちゃんと行動派の嗣葉くん。
教室で出会った二人はいつからともなく、一緒にロボットを作るようになっていく。

「私ぐらいじゃないかな、
“分解”が好きだっていう女の子」と知世ちゃん
小さい頃からパソコンゲームにも夢中だった
嗣葉くん

“ロボット界のオリンピック”
WROへの挑戦

全国大会までいって負けたのが悔しかった。いっしょだと、一人よりずっとすごいロボットができる。

世界中の小中高生が自分で自律型ロボットを製作し、プログラムで自動制御する技術を競い合う“ロボット界のオリンピック”、WRO(World Robot Olympiad)。2015年夏、二人はこれに挑戦した。テーマは「危険な環境での天然資源発掘作業の手助けになるロボット」。二人は、水圧が高い深海でも人が乗れ、人の手足に代わって作業を行う『しんかい6500』というロボットを仮定し製作。それをプレゼンテーションした。

嗣葉くんはとにかく作っては壊す。作って形ができるとなかなか壊せなくなるように思える部分も、あっさり崩してゼロから始める思い切りのよさは、持ち前の好奇心からだろうか。嗣葉くんのロボット製作を指揮し、思わず納得してしまう圧倒的な情報量の企画書を作り、プレゼンするのは知世ちゃんの役割。「多くの人の前でのプレゼンの練習でも物怖じしなかったのも、恥ずかしがり屋の低学年からは想像もできなかった」とママ。二人の力で、一人ではできないロボットが生まれていく。

見事予選大会を勝ち抜いた二人は全国大会へ。日本で約10組にまで残るも、惜しくも敗退。世界大会を目前に、嗣葉くんは一人泣き、知世ちゃんはしばらく落ち込んだ。

ロボットは開放的で自由な空間から生まれる

「絶対世界大会に行く」
これからの二人

インドの世界大会に絶対行く。獣医さんかロボットを作る人になりたい。

今年の夏、再び二人はWROに挑戦する。テーマは「リサイクル」。今回の世界大会の舞台はインド・ニューデリー。リベンジに燃える二人の照準はもちろん、世界大会。「遠隔操作できるロボットが作りたいんだよね」。口を揃えて構想中の原案を話す二人。まだこの世にないロボットをワクワクしながら空想する姿は、背丈より何倍も頼もしく思えた。

「人間の仕事がいずれロボットに代わる」というニュースを見て「私は作る方になるから」と言った知世ちゃん。
「紙とペンがあったら何ができると思う?」と聞きながら、ニヤリと「無限の可能性」と答える嗣葉くん。

二人の世界に挑む夏はもうすぐそこまで来ている。

本当は「毎日でも通いたい」という嗣葉くん
「ここでしか共有できない話が存分にできて、のびのびしている」知世ちゃん

アイディアの種

WROへのイメージも膨らむ、知世ちゃんの愛読書
「理系の子 高校生科学オリンピックの青春」

世界の理系少年少女が集まる科学のオリンピック「国際学生科学フェア」に挑む、研究に青春をかけた理系少年少女たちを描いたドキュメンタリー。習いごとの合間や時間があるときに読んでいるのだそう。437ページもの分厚い本を持ち歩き、ロボットコンテストへのイメージトレーニングも欠かさない、知世ちゃんらしさが凝縮されたような一冊。

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

無料体験&資料請求
お申し込み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ