Close

Close
ものづくりライブラリー
そのひとりのストーリー
03

『タイムのすけ』で
夢が目標に

杉谷翼くん

PROFILE

杉谷翼(すぎたにつばさ)くん

ゲーム&アプリ プログラミングコース
LITALICOワンダー 秋葉原

ゲームや絵を描くことが大好き!自分の考えたゲームをScratchでつくることに夢中。
オリジナルゲームを世界にリリースすることが夢!
LITALICOワンダーには月2回通っている。

15年後、僕は
『タイムのすけ』をつくる予定

これがタイムのすけ。パソコン版と携帯ゲーム版があるんだ。

「15年後に任天堂に入って、『タイムのすけ』ってゲームをつくる予定なんだ」。そう言いきって翼くんはにっこり笑った。
なぜ15年後なのか。その期間には理由がある。「僕が大学を卒業して、任天堂に入ったら、3年くらいは新入社員の仕事があるでしょ。だから15年後なの」。小学校5年生の翼くんが考える夢はとても明確で、彼にとっては『タイムのすけ』は漠然とした夢ではなく、目標になっているようだ。

『タイムのすけ』というのは翼くんが考えたゲームで、Scratchを使ってパソコン版の『タイムのすけ』をプログラミングしている。平日は1~2時間、休日は3時間までと決めて、少しずつ『タイムのすけ』をつくっている。ゲームのキャラクターデザインはもちろんのこと、各ステージの背景やアイテムもすべて彼の手づくりだ。
「このステージはゲーム屋に入って、ゲームをプレイすると『タイムのすけ』のRPG世界に入ってしまうっていう設定なんだ」と翼くん。設定やシチュエーションにも制作者ならではのこだわりがあるようだ。

『タイムのすけ』について語る翼くんは
いつも楽しそうだ。
『タイムのすけ』のメインキャラクター。
ゲーム内で自然に動くよう
様々なポーズで描いている。

プログラミングで
世界が広がった

絵とゲームが好きで、パパやママにつれてきてもらった。

職人肌の翼くん。普段からLITALICOワンダーでは黙々とプログラミングをしている。時々プログラミングでうまくいかないことがあると、悔しそうな表情を浮かべながら、それでも諦めることなく熱心に取り組んでいる。
翼くんは元々ゲームや絵を描くことが好きで、プログラミングにもきっと興味をもつだろうとパパやママの勧めでLITALICOワンダーを訪れた。
「自分の考えたキャラクターがLITALICOワンダーで初めて画像になって、動いた瞬間は本当に嬉しそうでした」とママ。翼くんがここまで熱心にプログラミングに取り組むのは、ゲームや絵が好きだからという想いと、『タイムのすけ』を世に出したいという強い目標が根底にあるようだ。

「『タイムのすけ』はパソコン版以外に、
携帯型ゲーム機のバージョンも
つくる予定」と語る翼くん。

まずは美術専門の高校へ
イラストの技術を磨きたい

まずは、イラストレーターになる勉強をしたいと思ってる。

「実は、高校では美術専門の学校にいって、イラストレーターになる勉強をしたいと思ってる」と翼くんは最後に打ち明けてくれた。LITALICOワンダーでゲーム制作やプログラミングに打ち込む内に、キャラクターデザインやゲーム画面のデザインへの興味が強くなってきたそうだ。プログラミングという表現の手段を得て、翼くんの世界は広がっている。

「この子はやりたいことが明確にあるので、それに向かって突っ走っていってほしいと思っています。その途中で挫けそうになることがあったとしても、その経験を通して乗り越える強さのようなものも培っていってほしいと願っています」とパパやママは翼くんの成長をとても楽しみにしている。

翼くんの挑戦はまだ始まったばかりだ。

LITALICOワンダーのスタッフとは
いつもプログラミング談義。
最後に、大好きなゲームの
キャラクターのポーズを決めてくれた。

アイディアの種

すでにオリジナルグッズを制作!
「タイムのすけ」

翼くんといえば『タイムのすけ』。このゲームの主人公タイムのすけは攻撃モード時には赤髪に変身する。イベントの際につくった缶バッチは翼くんのお気に入り。15年後に『タイムのすけ』が発売になった暁には公式グッズとして発売されるかも?!

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

無料体験&資料請求
お申し込み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ