Close

Close
プログラミング教育コラム

2019.08.30

小学生や中学生におすすめのプログラミング言語の種類4選!メリット・注意点も解説

小学生や中学生におすすめのプログラミング言語の種類4選!メリット・注意点も解説

プログラミングをする際には機械語を人間が理解できる言葉に置き換えたプログラミング言語を使用します。プログラミング言語には数多くの種類があり、現在200種類以上も存在するといわれています。その中で、小学生や中学生が学習したり利用したりするのに適したプログラミング言語にはどんな種類があるのでしょうか?

 

今回は、小学生や中学生におすすめのプログラミング言語4つの概要や用途をご紹介します。また、小学生や中学生がテキスト型のプログラミング言語を学ぶメリットや注意点についても紹介しているので、中期的・長期的にどのようにプログラミングを学習していきたいか検討する際の参考にしていただけたら幸いです。

小学生・中学生におすすめのプログラミング言語①Scratch(スクラッチ)

小学生や中学生におすすめのプログラミング言語の種類4選!メリット・注意点も解説

多くのプログラミング教室では小学生・中学生向けのプログラミング学習にビジュアルプログラミング言語を使用します。ビジュアルプログラミング言語とは、マウス操作を中心とした作業でプログラムを組むことができるプログラミング言語のことです。

ビジュアルプログラミング言語で学習する、主なメリットは以下の3点です。

 

  •  ✓ほぼマウス操作のみで、視覚的にプログラミングを実行することができる
  •  ✓コーディングの知識がなくとも論理的思考力を身に付けられる
  •  ✓子どもが飽きずに楽しめることが多い

 

ビジュアルプログラミング言語の中で最も多く使用されているのが、MITメディアラボのライフロングキンダーガーテングループ開発の「Scratch(スクラッチ)」です。Scratch(スクラッチ)は無料で利用することができ、150以上の国々の小学校やプログラミング教室などの教育現場で使用されています。

 

Scratch(スクラッチ)は、パソコンなどの画面上で指示ブロックを積み上げてプログラミングを行いゲームやアニメーションを作ったり、制作したものを世界の人々に公開したりすることができます。これらの制作を通じて論理的な思考力を養うとともに、思い描いたものを形にするという創造力を発揮することができます。

 

また、拡張機能を使って追加のブロックを増やしたり、ロボティクスと連携させたりするなどの発展的な学習をすることもできます。

小学生・中学生におすすめのプログラミング言語②C♯(シーシャープ)

小学生や中学生におすすめのプログラミング言語の種類4選!メリット・注意点も解説

C♯(シーシャープ)はマイクロソフト社が2000年に開発したプログラミング言語です。C♯(シーシャープ)は特に本格的な3Dゲームづくりを目指す小学生・中学生におすすめです。というのも、C♯(シーシャープ)はUnity(ユニティ)で主に使用されるプログラミング言語だからです。

Unity(ユニティ)とは、3Dと2Dのゲーム機能をまとめたエンジン部分、マウスでキャラクターなどを作成するデザインツール、プログラムを開発するツールなどがパッケージされているソフトです。2Dゲームの開発ツールは様々な種類がありますが、3Dゲーム開発ツールはUnity(ユニティ)が他を圧倒しています。

 

またUnity(ユニティ)はプロも利用するゲーム開発環境として知られており、「ポケモンGO」や「スーパーマリオラン」などの人気ゲームもUnityで作られています。

 

Unity(ユニティ)上でC♯(シーシャープ)を使えば、ゲームキャラクターやオブジェクトを動かすなどのプログラムを作ることができます。

 

C♯(シーシャープ)はUnity(ユニティ)で使用する以外にも、デスクトップのアプリ開発、Webサイト・Webアプリ開発、スマートフォンアプリの開発などを行うこともできます。近年、ビジネスでの用途が非常に増えていて実用性の高いプログラミング言語です。

小学生・中学生におすすめのプログラミング言語③Swift(スウィフト)

Swift(スウィフト)はAppleが2014年に開発したプログラミング言語です。Appleが開発したということもあり、iPhoneアプリの作成に適しているので、iPhoneアプリを作りたい小学生・中学生におすすめです。

 

Swift(スウィフト)は歴史が浅いため学習環境があまり整っていないといわれますが、Swift(スウィフト)のコードが学べるiPad用ツールの「Swift Playgrounds(スウィフトプレイグラウンズ)」を利用して段階的に学習を進めることもできます。
※Swift Playgroundsは Swift(スウィフト)を使い、パズルを解きながらテキストコーディングを学べるアプリです。

 

小学生や中学生がSwift(スウィフト)を学習する最大のメリットは、身近なiPhoneアプリの作成ができるということでモチベーションを高めやすいことと、Swift (スウィフト)とXcode(エックスコード)だけで作業環境が整えられることです。
※Xcode(エックスコード)とは、Macの標準開発環境のことです。

 

Swift(スウィフト)を学ぶ際の注意点としては、初心者にとってはやや難易度が高くとっつきにくい点が挙げられます。

小学生・中学生におすすめのプログラミング言語④Python(パイソン)

近年、ビジネス実務においてもプログラミング学習においても人気が高まっているのがPython(パイソン)です。Python(パイソン)は、人工知能やディープラーニングに使用されているにもかかわらず、コードがシンプルで初心者でも学習しやすいといわれているプログラミング言語です。YouTubeやインスタグラムもPython(パイソン)で作成されています。

 

Python(パイソン)を使って作れるものを簡単にご紹介します。

 

  •  ✓ゲーム
  •  ✓Webアプリ・・・Webアプリを作るためには、Flask(フラスク)やDjango(ジャンゴ)などのフレームワークの理解も必要です
  •  ✓デスクトップアプリ
  •  ✓機械学習、人工知能・・・ただし、Python(パイソン)以外に高度な数学や統計学などの知識が必要です

 

Python(パイソン)と用途が似ているプログラミング言語としてはRuby(ルビー)があります。Ruby(ルビー)は国産のプログラミング言語で、日本語での学習環境も多いのでPython(パイソン)同様おすすめのプログラミング言語の一つです。

小学生・中学生がプログラミング言語を学ぶメリットとは?

小学生や中学生におすすめのプログラミング言語の種類4選!メリット・注意点も解説

小学生がプログラミングを学ぶ主なメリットとしては、論理的思考力や想像力を伸ばせる点などが挙げられます。さらに、ビジュアルプログラミング言語から発展してテキスト型のプログラミング言語を学ぶメリットとしては、以下の点があります。

 

  •  ✓キーボードのタッチタイピングを身に付けるきっかけになること
  •  ✓スマートフォン向けアプリ開発や3Dゲームの製作などビジュアルプログラミング言語では制作の限界があるものを作ることができること
  •  ✓現在、ビジネスや社会で使用されている言語を学習することができること(ただし、今の子どもたちが社会に出る10~15年後に今の言語が利用されているとは限らない点については、あらかじめ認識しておく必要があります)

 

これらの他に、プログラミングスキルを直接仕事に活かしたい場合などは、現在はどこかのタイミングでコーディングを学ぶ必要があります。

プログラミング言語習得の際の注意点

小学生や中学生がテキスト型のプログラミング言語を習得する際の注意点もあります。

 

最大の注意点は、ビジュアルプログラミング言語を使ってプログラミングを楽しんでいた子どもが、急にプログラミングに対する興味を失ってしまうことです。

 

特に、プログラミング教室に通わずに家庭で学習をしている子どもの場合には、初心者向けのプログラミング言語で学ぶ場合でも敷居がやや高いことには変わりないので、一気に学習熱が冷めてしまうことがあります。

 

また、テキスト型のプログラミング言語でコーディングを行うために必須となるのが以下のスキルです。

 

  •  ✓キーボードタイピングがスムーズにできること
  •  ✓プログラミング言語に使われている英語に慣れること

 

したがって、プログラミング教室での適切な指導やフォロー、わからないことが発生した際に調べたりわかる人に質問できたりする環境が大切です。やみくもに難易度の高いことに挑戦するのではなく、お子さんのやりたいことや理解度に応じてプログラミング言語や学び方を選択することが大切です。

まとめ

小学生や中学生におすすめのプログラミング言語を4つ紹介しました。それぞれ用途や学び方、難易度などが異なる点が確認していただけたかと思います。

 

LITALICOワンダーでは、ビジュアルプログラミング言語から、テキスト型のプログラミング言語まで子どもの興味関心に合わせて幅広くプログラミングを学ぶことができます。

 

お子さんの興味やスキルに応じたカリキュラムを作成していますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。無料体験会も実施しているので、お気軽にご参加ください。
LITALICOワンダーの60分無料体験講座の申込みページをチェック

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

Webフォームはこちら

無料体験・資料請求のお申込み

体験に関するお問い合わせ

0120-990-080

平日12:00〜19:00 土曜11:00〜19:00
※木曜日・日曜日・祝日 休み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ