Close

Close
プログラミング教育コラム

2019.10.15

プログラミング言語、C♯を学べば子どもも3Dゲーム開発ができる?

プログラミング言語、C♯を学べば子どもも3Dゲーム開発ができる?

3Dゲームはプロのゲームクリエイターにしか作れないものだと思われるかもしれませんが、C♯(シーシャープ)というプログラミング言語を使って比較的気軽にチャレンジすることができます。

 

3Dゲームを作るためにプロのクリエイターから一般ユーザーまで多く使われている利便性の高いゲーム開発環境がUnity(ユニティ)ですが、C♯(シーシャープ)はUnityに対応しているプログラミング言語だからです。

 

今回は、C♯(シーシャープ)とUnityの概要について紹介したうえで、子どもがC♯(シーシャープ)を学ぶメリットやプログラミング教室に通う効果について解説します。お子さんがゲーム作りにチャレンジしてプログラミングのスキルを高められる姿がイメージしていただけると思います!

そもそもC♯(シーシャープ)とはどんなプログラミング言語?

C♯(シーシャープ)は、マイクロソフト社が開発したプログラミング言語で、主にWindows系のアプリ開発などに使用されています。近年はマイクロソフト社が提供しているVisual Studioという開発環境内にあるXamarin(ザマリン)という開発環境を利用することでMac(マック)やスマートフォン向けアプリ、Webアプリケーションなども作成できるようになり、実用性が高まっています。

 

注目の高さの裏付けとして、アメリカのIT関連企業、PYPLが発表したプログラミング言語人気ランキングでは、200近くあるといわれるプログラミング言語の中で4位にランクインしています(2019年度)。
出典:PYPL PopularitY of Programming Language

 

C♯(シーシャープ)が特に注目されているのは、ゲーム開発の分野においてです。3Dゲーム開発環境として個人ユーザーからプロのユーザーまで幅広く使用されているUnityに対応している言語がC♯(シーシャープ)だからです。

 

では、子どもがUnityを使ってC♯(シーシャープ)を使うメリットとは、どのような点が挙げられるでしょうか?主なメリットを5点紹介します。

プログラミング言語、C♯を学べば子どもも3Dゲーム開発ができる?

ゲーム開発環境が簡単に構築できる

他のゲーム開発環境の場合には環境構築のためにかなり面倒な手間がかかり、プロはともかく一般ユーザーや初心者には適していませんが、Unityはインストールするだけで環境構築ができます。

3Dゲームの開発ができる(2Dゲーム開発もできる)

Unityでは子どもにとって非常に興味・関心の強いゲーム開発が楽しめます。2Dゲーム作りを楽しめる環境はいくつかありますが、子どもが3Dゲームを作れる環境として利用しやすいツールです

iOSやAndroidなどさまざまなプラットフォームでのアプリに対応している

Unityはマルチプラットフォーム対応なので、iOS(iPhone、iPad)やAndroidに対応したアプリケーションを作成することができます。それぞれ個別に作らなくとも、Unity上でアプリケーションを開発することで、さまざまなデバイスでアプリケーションを作動させられるということです。

Asset Store(アセットストア)が充実している

Asset Store(アセットストア)とは、Unity内にある3Dゲームのモデルや素材(画像)などがダウンロードできるショップです。有料の素材が中心ですが、無料で入手できるものもあります。Asset Store(アセットストア)を活用すれば、既存の素材を使ってスムーズにゲーム作りを進めることができます。

難しいコードを書かなくても良い

簡単な3Dゲームなら、難しいコードを書かなくても作成することができる点もUnityの魅力の一つです。素材などを使用して、画面上にキャラクターを配置して、簡単な指示言語を書けばゲームを作れる仕様になっているためです。敷居が低めに設定されており、初心者にとってはモチベーションを維持しやすいです。

子どもにとってのC♯(シーシャープ)やUnityの難易度・学習方法は?

ゲーム作りにチャレンジしたいというお子さんは少なからずいらっしゃると思いますが、実際にC♯(シーシャープ)やUnityを学ぶにはどのように学習すれば良いのでしょうか?結論から言えば、C♯(シーシャープ)に対応したプログラミング教室で学習する方法が理想的です。

C♯(シーシャープ)は大人が学習する際にも決して簡単とはいえない

プログラミング言語の人気ランキングで4位にランクインしていたことからもわかる通り、C♯(シーシャープ)を学ぼうとする大人も非常に多く存在します。大人の場合には、プログラミング教室、オンライン学習サイト、テキストやインターネット情報などによる独学といった学習方法がありますが、大人にとってもC♯(シーシャープ)習得の難易度は決して低くありません。

Unityはプログラミング教室、チュートリアル、オンライン学習サイト、本などで学習できる

プログラミング言語、C♯を学べば子どもも3Dゲーム開発ができる?

学習する方法は、プログラミング教室、チュートリアル、オンライン学習サイト、テキストなどがあります。ただし、Unity公式のチュートリアルやオンライン学習サイト、テキストに関しては、大人向けに作られており専門用語も多いというネックがあります。

 

また、親子で学習するタイプのテキストも発売されていますが、このようなテキストを使用して学ぶためには、保護者さまご自身がUnityを理解してお子さんをサポートする必要があります。

 

以上を踏まえ、C♯(シーシャープ)やUnityに対応したプログラミング教室で学習するのが効果的な学習方法であるといえます。

子どもがプログラミング教室でC♯(シーシャープ)を学ぶメリット

子どもがプログラミング教室でC♯(シーシャープ)を学習するメリットについて4点お伝えします。

プログラミング言語、C♯を学べば子どもも3Dゲーム開発ができる?

子どものやりたいことから必要なコードの知識を学ぶことができる

C♯(シーシャープ)やUnityの場合、3Dゲームの制作やアプリ開発など子どもにとって分かりやすい目標や目的を設定することができます。自分自身が作りたいゲームを作るためということでモチベーションを高めやすく、学習効果も高まりやすくなります。

躓いた時や構文のエラーが生じた時に、サポートが受けられる

テキストなどを見ながら独学した時に引っ掛かりやすいポイントの一つに、うまく動かないときににどこで間違ったのかがわからないことが挙げられます。プログラミング教室では、間違ったポイントに関して講師の先生からヒントやアドバイスを受けられるので、間違った箇所を発見しやすくなります。

ゲーム開発をするために必要な環境をスムーズに設定できる

Unityのインストールなど、ゲーム開発に必要・最適な環境を整えるサポートを先生からしてもらうことができます。

同じようにC♯(シーシャープ)でゲーム開発をする友達や仲間ができる

一人で学習するよりも友達や仲間と一緒に高め合いながらプログラミング学習を進めることで、成果を高めることができます。

まとめ

C♯(シーシャープ)やUnityを学習することで、高度なプログラミング言語の知識や面倒な設定をしなくとも3Dゲームを作ったり、各種アプリケーションを作ったりすることができます。明確な目標を持ってプログラミング言語を習得できるため、モチベーションが維持しやすく学習意欲が高まりやすいというメリットもあります。

 

このようにゲームプログラミングを通じたプログラミング学習に興味のある方は、お子さん一人ひとりの興味や思考、スキルに合わせた指導を行っているプログラミング教室のLITALICOワンダーにお問い合わせください。

 

Unity(C#)を使ったスマートフォン向けゲームやVRアプリの開発を目指すカリキュラムでの授業も行っているので、ぜひ無料体験にお越しください。

  • 和田 沙央里
    和田 沙央里

    監修LITALICOワンダー サービス開発グループ 和田 沙央里(わだ さおり)

    監修
    LITALICOワンダー サービス開発グループ 和田 沙央里(わだ さおり)

    2014年3月株式会社LITALICOに入社。5歳〜高校生の子どもたちが通うIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」の立ち上げで渋谷教室の開設当初から約3年間、300名以上の通塾生徒にプログラミングの指導を続けた。2016年度は総務省「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業のプロジェクト責任者を務めた。現在はカリキュラム・教材開発に携わる。大学では発達心理学・教育心理学を専攻し、卒業後は都内の大手IT企業で金融系基幹システムの開発に従事、現職に至る。
    著 :『使って遊べる!Scratchおもしろプログラミングレシピ』翔泳社
    監修:『スラスラ読める UnityふりがなKidsプログラミング ゲームを作りながら楽しく学ぼう! 』インプレス社
    監修:『子どもから大人までスラスラ読める JavaScriptふりがなKidsプログラミング ゲームを作りながら楽しく学ぼう! 』インプレス社
お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

体験に関するお問い合わせ

0120-990-080

平日12:00〜19:00 土曜11:00〜19:00
※木曜日・日曜日・祝日 休み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ