Close

Close
プログラミング教育コラム

2019.08.30

小学生・中学生が取得できるプログラミング資格とは?資格取得の難易度別に紹介

小学生・中学生が取得できるプログラミング資格とは?資格取得の難易度別に紹介

習い事をするからには、きちんと資格を取って受験や就職に活かしてほしいと考える保護者の方もいらっしゃると思います。最近、子どもの習い事として注目を集めているプログラミング学習に関して、どのような資格があるのか、そして資格を取得すればどのようなメリットがあるのかといったことを気にされている保護者の方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、資格取得の難易度別に、小学生・中学生が取得できるプログラミング資格についてご紹介します。

小学生・中学生が取得できるプログラミング資格はあるの?資格取得のメリットは?

結論から言えば、小学生や中学生が取得しやすいプログラミング資格はあります。また、2020年の小学校プログラミング教育必修化やITエンジニアが将来的に不足するという予測(2030年には79万人のITエンジニアが不足するとの予測もあります)などから、プログラミングを学ぶ子どもが増えており、プログラミング資格に挑戦する子どもの人数も増えています。
出典:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結

 

そのような状況の中で、小学生・中学生がプログラミング資格を取得する主なメリットは以下の2点です。

 

  •  ✓プログラミング学習のモチベーション要因になること
  •  ✓プログラミングスキルの現時点での立ち位置が確認できること

 

こうした状況やメリットを踏まえて、難易度別にプログラミング資格を紹介します。

【初級者向け資格】ジュニア・プログラミング検定

ジュニア・プログラミング検定は、ビジネス能力や技能に関する認定試験を主催している株式会社サーティファイ主催の、子ども向けプログラミング検定です。「プログラミング的思考を定着させ、その知識を土台とした創造の可能性を広げる」という目的で実施されています。

 

ビジュアルプログラミング言語のScratch(スクラッチ)を使って、問題文で与えられた条件を満たしたプログラミングを行うという出題形式です。試験受講の際に一つのゲームや物語を作成するので、プログラミングを学習されているお子さんにとっては、日ごろの学習の延長としてスキルを確かなものにすることができます。Entry(4級)~Gold(1級)まで4つのレベルが設けられており、公式テキストも販売されています。

 

 名  称: ジュニア・プログラミング検定
 受験資格: なし(想定受験対象は小学生)
 受験会場: 全国のプログラミング教室、学習塾、小学校など
 日  程: 実施会場ごとに設定されています。公式HPで確認できます。
 公式HP: https://www.sikaku.gr.jp/js/ks/

【初級者向け資格】日商プログラミング検定

日商プログラミング検定は、IT人材育成のためのプログラミングのスキル・知識の体系的な学習のために創設された検定です。ENTRY、BASIC、STANDARD、EXPERTの4つのレベルが設定されていて、初級者から社会人、主婦の方まで幅広い層の方を受験対象としています。

 

特に「ENTRY」は、Scratch(スクラッチ)を使ったプログラミング的思考ができるか否かを問う問題が出題されるので、小学生や中学生が取り組みやすい検定試験です。

 

 名  称: 日商プログラミング検定
 受験資格: なし
 受験会場: 全国のプログラミング教室、パソコン教室、商工会議所など
 日  程: 実施会場ごとに設定されています。公式HPで確認できます。
 公式HP: https://www.kentei.ne.jp/pg-special

【中・上級者向け資格】Java™プログラミング能力認定試験

Java™(ジャバ)プログラミング能力検定試験は、株式会社サーティファイ主催のJava™(ジャバ)に関する知識やコーディングスキルを問う検定試験です。3級から1級までのレベル設定があり、3級はJava™(ジャバ)をこれから学習する初級者を対象としています。

 

レベルとしては、高校生以上が挑戦するレベルです。Java™(ジャバ)プログラミング能力検定の2級と3級は「基本情報技術者試験」の出題形式も意識して作成されているので、基本情報技術者試験の受験につなげられるというメリットもあります。

 

また、サーティファイ主催のプログラミング検定は、Java™(ジャバ)の他に、C言語などの資格試験も開催されているので、Java™(ジャバ)以外の興味のある言語や普段使用している言語で受験するのもおすすめです。

 

 名  称: Java™(ジャバ)プログラミング能力検定試験
 受験資格: なし
 受験会場: 公開試験会場
 日  程: 全国一斉。級ごとに指定あり。
 公式HP: https://www.sikaku.gr.jp/js/jv/

【実務向け資格】基本情報技術者試験

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催する基本情報技術者試験は、ITエンジニアの登竜門資格とされています。2019年5月の試験では、史上最年少の9歳の合格者が生まれ、話題になりましたが、合格率22%ほどの実務者向け難関資格です。

 

ITの知能・技能に関する評価指標ということで、ITエンジニアとしての技術の土台となる知識を幅広く身に付けることができます。また、現段階ではIT系の会社に新卒で入社を希望する場合には一定の評価が得られる資格です。

 

 名  称: 基本情報技術者試験
 受験資格: なし(想定対象者は社会人、理系の学生、文系の学生)
 受験会場: 全国の指定会場
 日  程: 会場ごとに設定
 公式HP: https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

 

ちなみに、情報処理技術者試験のなかの「ITパスポート試験」というものもあります。こちらは社会人やこれから社会人となる人が備えておくべきITに関する知識が問われる国家資格で、合格するとITに関する幅広い知識が身に付くだけでなく、就職活動や大学入試で評価されるというメリットもあります。合格率は平成30年で51.7%なので、基本情報技術者試験よりも易しいと言えます。2017年には2名の小学生(9歳)が合格しています。

【大学受験に有利なケースも!】情報検定(J検)

情報検定(J検)は、文部科学省が後援し一般財団法人職業教育・キャリア教育財団検定試験センターが実施している検定試験です。情報検定の中には3種類の試験がありますが、そのうち「情報システム試験」がプログラミングに関する検定試験です。

 

受験者層は、高校生や大学生、専門学校生が中心ですが、年齢制限などはないので知識さえ身に付ければ小学生や中学生も受験できます。

 

J検に合格すると、100以上の大学で入学試験の際に優遇されます。

 

 名  称: 情報検定(J検)
 受験資格: なし(受験者層の中心は高校生、大学生、社会人など)
 受験会場: 全国の指定会場
 日  程: (団体受験)全国一斉/(個人受験)公開会場にて指定日に実施
 公式HP: http://jken.sgec.or.jp/index.html

プログラミング資格の取得を目指す際の注意点

小学生・中学生が取得できるプログラミング資格とは?資格取得の難易度別に紹介

プログラミング関連の資格取得を第一に考えないほうが良い場合もあります。その主な理由は以下の2点です。

資格はあくまで目安でしかないから

ビジネスの現場では、資格よりもスキルや制作物が重視される傾向があります。資格は目安になりますが、プログラミングを使ってどんなことができるか、プログラミング的な考え方を理解しているか否か、という点がより重要です。

資格取得のための学習に傾くと子どもが飽きてしまうから

資格取得のためにテキストを使って学習を続けていると、子どもが飽きてしまう可能性があります。大会に向けて難易度の高い制作物を作ったり、プログラミング教室で新たな課題にチャレンジしたりする方が、子どもの主体的な学びやスキルの習得につながりやすいこともあります。

 

したがって、資格はあくまでモチベーションを高めたり、客観的にプログラミングスキルを確認したりするための一つの方法として考える程度で問題ありません。

まとめ

全国的にプログラミング学習の熱が高まっていることもあり、小学生や中学生でも受験できるプログラミング資格が増えています。プログラミング資格の取得を目指すことで、学習意欲を高めたり、お子さんのスキルを客観的に確認したりすることができます。

 

他に、モチベーションを高める方法としては、ロボット大会やプログラミングの発表会に参加する方法もあります。特に、小学生・中学生の場合には、資格取得以上に大会や発表会のほうが大きくスキルやモチベーションを高めてくれることも珍しくありません。

 

関東にプログラミング教室を展開しているLITALICOワンダーでは、お子さんのスキルや目的に合わせてカリキュラムが組まれる4つのコースを設けています。まず手を動かしてみるというプログラミングに触れることからスタートする学習が多く、お子さんのモチベーションを維持したり高めたりするのに最適です。気になる方は無料体験からぜひお問い合わせください。
LITALICOワンダーの60分無料体験講座の申込みページをチェック

お気軽にお問い合わせ下さい

まずは、無料体験授業(随時開催)にお越しください。
資料請求いただいた方には、パンフレット(PDF)をお送りします。

Webフォームはこちら

無料体験・資料請求のお申込み

体験に関するお問い合わせ

0120-990-080

平日12:00〜19:00 土曜11:00〜19:00
※木曜日・日曜日・祝日 休み

このページに関連する
おすすめコンテンツ

ページトップへ